住宅ローン比較窓口

審査の申し込みは3つするべき?複数申込がおすすめの理由

この記事では住宅ローンの本審査に複数申し込んでも問題ないか、キャンセルするならどのタイミングがいいか解説しています。本審査は、正式なローン契約に向けて、借入条件などを決定する最後の審査です。

仮審査が通れば、本審査も通る可能性は高いですが、実際には本審査の結果が出てみなければ分かりません。本審査の結果を待ってからほかの金融機関へ申し込んでいては時間がかかり過ぎます。

このような背景があり、この記事では、本審査の複数申し込みをテーマに解説していきます。

住宅ローンの審査の流れを理解することが重要

住宅ローンの仮審査に複数申し込むのはいいとして、本審査で複数の金融機関に申し込むのは良いかどうか気になる人もいらっしゃるでしょう。

結論を言えば、複数の申し込みは問題ありません。ただ、どの段階で、借り入れをしない金融機関にキャンセルを申し出るかによって影響が異なります

本題に入る前に、一般的な審査の流れについて解説していきます。

住宅ローンの審査内容を確認しよう

住宅ローンを利用できるかどうか、希望の金額を借りられるかどうかなどは、金融機関や保証会社による審査によって決まります。仮審査では審査のメインとなる収入や住宅ローン以外の借入金、職業や勤続年数など、簡単に確認できる項目を審査します。

本審査では、保証会社も加わり、不動産の価値判断や仮審査の内容の再確認など、正式に契約する上での条件を決定します。複数の審査に申し込んでいいかどうか気になるのは主に本審査に対してではないでしょうか。

住宅ローンの審査の流れでキャンセルのタイミングがわかる

トラブルなくキャンセルするためにも、審査の流れを知っておく必要があります。今回は、住宅を購入するときの一般的な流れを紹介していきます。金融機関や物件(注文住宅など)によって流れは異なりますので、詳しくは金融機関や不動産会社にお問い合わせください。

  1. 購入申し込み
    仮審査(事前審査)・・・当日~1・2週間
  2. 不動産売買契約の締結 ※手付金の支払い
    本審査・・・1週間~2・3週間
  3. 住宅ローン契約(金銭貸借契約)の締結

簡素化すると、この3ステップになります。購入の申し込み前後に仮審査をし、売買契約時に本審査をする流れです。キャンセルするポイントで悩むのは、「2」の前後や「3」の前後だと思います。では、本題であるキャンセルについて見ていくことにしましょう。

住宅ローンの本審査 複数申し込みは問題なし

金融機関に複数申し込みをしても問題ないか問い合わせると、「問題ない」という回答を得られるでしょう。金融機関としても本審査をしてみなければ本当に貸せるかどうか分かりません。ただキャンセルするタイミングによっては影響が出ますので注意が必要です。

住宅ローンの本審査に通った金融機関にキャンセルをするタイミングと影響

ここでは本審査に通ったタイミングでのキャンセルの影響を中心に解説していきます。先ほど紹介しました流れに沿って見ていきましょう。

本審査に通ったあとのキャンセルとその影響

売買契約締結後で本審査の結果が出たあとにキャンセルする場合、手付金を放棄する必要が出る可能性があります。つまり金融機関の影響ではなく、不動産会社の影響があります。

手付金は、一般的に解約手付とされ、契約締結後に買主の都合で解除する場合、手付金放棄することが契約書に盛り込まれています。

手付金の上限は、購入金額の20%ですので、3,000万円の住宅なら60万円です。この60万円を売買契約の締結時に支払うことになり、解除したい場合は放棄するしかありません。しかし、当然ですが契約内容によって変わるため、あらかじめ確認をしておくようにしましょう。

ただ、契約書に「ローン特約」があり、本審査で承認を得られなかった場合は買主側の都合とされず、手付金は戻ってきます。契約もなかったものになりますので、手付金の返ってくる「ローン特約」の有無も確認してください。

念のため再度確認しますと、この段階で契約しているのは不動産売買契約ですので、手付金は不動産会社との契約に関してのみです。

金融機関との契約はしておりませんので、この段階で複数の金融機関の本審査に通り、キャンセルする場合は、金融機関に対しては問題ありません。つまり、ブラックリストのようなものに載ることもありません。

住宅ローン契約を結ぶ前であれば金融機関にキャンセルを申し出ることができますが、忘れることがないよう、いつまでならキャンセルできるか、聞いておきましょう。

「住宅ローン契約の1ヵ月前まで」など、金融機関の手続きによって違います。いずれにせよ、本審査のキャンセルをするなら、なるべくはこの段階になるでしょう

住宅ローン契約締結後のキャンセルとその影響

住宅ローン契約を結んだあとについては、各銀行での契約内容により大きく変わる為、あまり詳しく書くことができません。ただ、A銀行の住宅ローン契約書の見本を見ると、「融資が実行されて契約が成立する」と書かれています。また「必要経費がない、抵当権が設定できないなど条件が整わないと融資実行しない」とあります。

このことから、融資実行日までならキャンセルできるかもしれません。契約内容によりますので、直接、金融機関に問い合わせることが確実です。

本審査に申し込むのは多くとも3つまで

いつでもキャンセルできるといっても、相手のあることですので、買主側の都合だけでキャンセルするのではなく、あらかじめキャンセル期限を聞いておき、できるだけ期限を守るようにしましょう。

不動産売買契約に「ローン特約」があれば手付金が返ってきますが、契約書に対象となる金融機関名を記載します。契約書にない金融機関は対象外となりますし、とりあえず手あたり次第、本審査に申し込むのは大変です。

特に本審査に申し込む金融機関に上限はないと思いますが、多くとも3行程度にしておきましょう。おそらく売買契約締結前に不動産会社の担当者と相談することになると思いますので、なるべく早めに聞いておきましょう。

住宅ローンを複数申し込むおすすめの理由は?

審査期間の問題

最初にもお伝えいたしましたが、住宅ローンの審査には時間が長くかかります。

場合によってはひとつの審査で合計1ヵ月程度、時間がかかる場合もあり、本審査の結果を待ってから次の金融機関へ申し込んでいては時間がかかり過ぎます。

その為、あらかじめ複数の住宅ローンに申し込むことで、万が一に備えることができます。

自分に合った住宅ローンを選べる可能性を広げる

住宅ローンの審査は、一般的に8割通ると言われています。

しかし、金利が低い銀行だと審査も厳しい場合が多く、また金利以外にも様々な比較すべき点がある為、その中で自分にあった住宅ローンから複数の住宅ローンを申し込むことがおすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか。住宅ローンの複数申し込みは問題ありません。しかしキャンセルするタイミングによって影響が異なることを紹介しました。また本審査に申し込むのは多くとも3つ程度にし、本審査までに専門家と相談しながらどの金融機関に申し込むか絞り込んでいきます。

住宅は大きな買い物です。しかし建築の知識だけでなく、契約内容や慣習などの不動産取引、住宅ローン、団信などの保険と、様々な知識が必要です。どれをとっても理解するのに一定の時間が必要ですので、基本的には余裕がないとスムーズには進めることはできません

安心して住宅を手に入れるためにも、情報収集をしっかり行い、計画を立てて進めていきましょう。

おすすめ住宅ローン PICK UP

おすすめ

auじぶん銀行

総合人気
ランキング
1位
満足度: 4.4
auじぶん銀行
適用金利 変動 0.380%

2020年07月適用金利

全期間引下げプラン

じぶんでんきをセットでご契約の場合

当初2年固定 0.410%

2020年07月適用金利

当初期間引下げプラン

じぶんでんきをセットでご契約の場合

当初10年固定 0.520%

2020年07月適用金利

当初期間引下げプラン

じぶんでんきをセットでご契約の場合

当初20年固定 0.961%

2020年07月適用金利

当初期間引下げプラン

じぶんでんきをセットでご契約の場合

35年全期間固定 2.100%

2020年07月適用金利

全期間引下げプラン

じぶんでんきをセットでご契約の場合

保証料 無料 審査期間 2週間程度
事務手数料 借入金額×2.20%(税込) 来店 不要
繰上げ返済
手数料
一部無料あり

※固定金利特約期間中の全額繰上返済は33,000円(税込)

返済方法 元金均等返済/元利均等返済
低金利なのに金利の上乗せ無しで手厚い保障が受けられる、人気の住宅ローン!がん診断されるだけで住宅ローン残高が50%になるがん団信と、全ての病気やケガ(※)で180日以上入院すると借入残高が0円になる全疾病団信が両方無料付帯されるネット銀行はここだけ!他にも一部繰上返済手数料・収入印紙代が無料など、お得がたくさん。三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資なので安心感もあります。※精神障害を除く

みんなの口コミ

掲載数12

  • 常に低金利なのでかなりおすすめです。

    満足度: 5

    10年間で返済する予定を立てて、じぶん銀行の住宅ローンを組みました。じぶん銀行の住宅ローンは審査結果で金利が上がったり下がったりしないので準備しやすいです。頭金が少なくても金利が上がることはないので、頭金をたくさん用意できない人にはおすすめの金融機関だと思います。

  • 出来るだけ金利が安い銀行がよかったので、選びました。

    満足度: 4

    若かったため、出来るだけ金利が安い銀行がよかったので、選びました。ネットだったため、手続きもやりやすく、夫が平日仕事を休めなかったため、ネットで完結できるタイプの銀行がよかったからです。また、全期間固定でも安かったので、当時は何も分からず、固定金利にしました。ただ、まだ出来て新しい銀行だったため、しっかりとしている銀行なのか少し不安だったのを覚えています。ただ、実際に利用していてトラブルが起きたりはしていません。

  • ネット銀行における住宅ローンの評判が良いものが多く、信頼できました。

    満足度: 4

    ネット銀行における住宅ローンの評判が良いものが多く、信頼できました。また、都内のauショップにて、無料の住宅ローン相談会があったことで、住宅価格に関することや相場の仕組み等、基本的なことも気軽に聴けて良かったです。

  • 一番条件の良い住宅ローンでした。

    満足度: 5

    他社と色々と比較をしましたが、固定金利の当初期間引下げプラン(10年固定)では一番条件が良かったと思います。10年間で完済する予定なので、この金利のまま返済できそうです。保険もしっかりしているので、私が病気で仕事が出来なくなっても家族が困り果てることはないです。申し込みから契約まで全てネットで行うことが出来たので、余計な時間を使わないで済みました。

  • ガン保障が無料で付けられる

    満足度: 4

    とにかく金利が低いことが一番のメリットです。事務手数料は高めですが、それを差し引いても大変お得です。また、無料で付けられるガン保障も他の銀行と比較してもかなり手厚く、オプションで付けられる保障も非常に充実しています。基本的にインターネットで手続きが行えるため、ローン契約のために仕事を休む必要がない点は大変有り難く感じました。

  • 転職して2年余りでしたが、審査に通りました。

    満足度: 4

    また自分の収入が少なくて本来は借り入れが認められないところでしたが、配偶者との収入と合算できたのも大きな要因でした。変動金利を選んだ理由は、固定金利の最低金利の3年型と比較してもかなり低く、当分上昇する可能性は低いと思われたからです。この低金利のうちになるべく早めに返済してしまいたいと考えました。

  • 金利の低さならじぶん銀行一択だが、保障内容が少し薄いと感じる。

    満足度: 4

    金利は他の地方銀行やネット銀行と比較しても圧倒的に低く、固定・変動金利ともに最低基準だと思います。単純に金利の低さだけで選ぶならじぶん銀行一択でした。しかし、保障内容が私の周りの地銀と比較すると、薄く感じています。 金利をアップさせて保障内容もアップさせればいいのですが、金利アップをさせてしまうと、地銀の最安金利とほとんど変わらなくなってしまうので、非常に悩みました。

  • 固定金利の当初期間引下げプランは今がお得だと思います。

    満足度: 4

    金利はかなり低くなっているので、10年固定は特におすすめです。長期の固定は割安感がないので、あまりおすすめできないです。

  • ネットのみで手続きでき、2週間で完結しました。

    満足度: 5

    手続きが簡単にできるというのが助かりました。また手続きで不明な点があればコールセンターに質問すればいつでも教えてくれました。申し込みから契約が完了するまで、全てネット上で手続きできるので非常に楽ですし、迅速にできます。2週間で完結しました。

  • 0.4%台後半の金利は、大手の母体を持った金融機関同士で比較しても安いです。

    満足度: 4

    金利が安く、母体の安全さと健全さが魅力の住宅ローンだと思っています。

  • 銀行に出向く事なく、保険が充実しているのはお勧めできる点です。

    満足度: 5

    やはりネットで済むというのは実際に行ってみて楽でした。平日に金融機関に出向く必要がないのは大きなメリットです。書類関係も写真を撮りネットで送ることができます。また保険も、がん50%団信が無料で付けられるなど非常に充実しているので、返済の不安がかなり軽減されました。がんの不安があったので非常に精神的に楽になりました。更に一般の生命保険の補償内容を減らすことにより、保険料が安くなるというメリットも生まれました。

  • 他行と比較しても低金利の部類に入ります。

    満足度: 5

    金利が上がる気配もなく、低金利の恩恵を受け続けることができています。

公式サイトはこちら
おすすめ

新生銀行

総合人気
ランキング
5位
満足度: 3.3
新生銀行
適用金利 変動 0.450%

2020年07月適用金利

当初10年固定 0.800%

2020年07月適用金利

当初20年固定 1.000%

2020年07月適用金利

35年全期間固定 1.400%

2020年07月適用金利

保証料 無料 審査期間 2週間程度
事務手数料 1,変動フォーカス:借入金額×2.20%、2,その他:55,000円(税込) 来店 不要
繰上げ返済
手数料
無料 返済方法 元利均等返済
「うれしい0円」!保証料・一部繰上返済手数料・団体信用生命保険・ATM出金手数料が全て0円。また、事前審査(仮審査)がなく審査が1回のみのためスムーズに審査が進みます。 来店不要で契約まで可能。

みんなの口コミ

掲載数4

  • とにかく、使い勝手の良い住宅ローンだと思います。

    満足度: 5

    私は別宅で他の都市銀行の住宅ローンも利用していますが、そちらと比べてかなり使い勝手の良い住宅ローンだと思います。繰上げ返済はいつでも出来て、しかも手数料が無料というユーザビリティの高さは良いですね。その他、病気になった時の保障なども無料で付いており、この住宅ローンは安心して返済が出来る良い商品だと思います。

  • 希望金額を借入れすることができました。

    満足度: 3

    さまざまな銀行で相談をしましたが、銀行によって借り入れできる金額が違いました。他の銀行ではちょっとしか借り入れできませんでしたが、新生銀行なら、希望する金額を借り入れできるということでした。また、その他にも、繰り上げ返済についてもオンラインで繰り上げ返済ができるので簡単でしたし、新生銀行は支店も多くて安心感がありました。また、当時から変動金利の金利は非常に安かったです。もう少し保険なども安ければいいのにな…と思いました。でも他と比較しても同程度なので、仕方がないと思っています。

  • とにかく繰り上げ返済を早く進めたいと考えていたので、その条件に一致したのが新生銀行を選んだ理由です。

    満足度: 5

    もともと別の銀行さんの住宅ローンを利用していました。その時は、半分は固定金利で、半分は変動金利にしていました。新生銀行さんを選んだ理由は全借り入れを変動金利にして、返済を早めていくこと。もう1つは銀行のATMの手数料が無料であり、また繰り上げ返済に、別途費用がかからないことでした。変動金利を選んだ理由は、しばらく金利は上がらないだろうと予測して、変動金利を選びました。

  • 他社とも比較をしましたが、トータルの返済額が一番少ないと感じたので新生銀行に決めました。

    満足度: 5

    新生銀行の住宅ローンは新築マンションを購入するために検討していました。新生銀行の住宅ローンの他にもいくつか候補があったのですが、私のライフスタイル合っていること、条件が良いことを理由に契約することを決めました。新生銀行とは以前から付き合いがあり、住宅ローンの相談もしていたので躊躇することはなかったです。金利タイプは当初固定金利の10年固定にしました。理由は10年間を目安に返済すること、低金利が続くというところです。

公式サイトはこちら
人気住宅ローンの
返済額をまとめて比較
おトクな 新規借り入れ・お借り換え
一括 シミュレーション開始
おすすめ住宅ローン

auじぶん銀行

満足度
4.4
auじぶん銀行
最低金利
0.380%

2020年07月適用金利

変動金利

全期間引下げプラン

じぶんでんきをセットでご契約の場合

総合人気ランキング

1位

auじぶん銀行

満足度
4.4
auじぶん銀行
最低金利
0.380%

2020年07月適用金利

変動金利

全期間引下げプラン

じぶんでんきをセットでご契約の場合

2位

住信SBIネット銀行

満足度
4.1
住信SBIネット銀行
最低金利
0.410%

2020年07月適用金利

変動金利

3位

りそな銀行

満足度
3.9
りそな銀行
最低金利
0.470%

2020年07月適用金利

変動金利

融資手数料型(別途融資手数料有り)

総合人気ランキングを全て見る

住宅ローンのことがよくわかりません。

閉じる

住宅ローンとは住居の購入資金を借入し、月々分割や繰り上げ返済などにより、長期的に返済していくものです。同じ金融商品でも、金融機関によって金利が違い、総支払金額に大きな差が出ることも珍しくありません。しっかりとご自身のライフプランに合わせた金融機関の商品を見つけ、あなたにあった無理のないライフプランを過ごせるよう、当サイトがお手伝いできますと幸いです。

審査っていくつも申し込むと不利になるの?

閉じる

必ず不利になるというわけではありませんが、多くの金融機関に一度に申し込むのは、労力も要する為、あまりおすすめはしていません。しかし、審査が通るかわからない金融機関をひとつずつ申請していれば、膨大な時間を必要とします。そこで、2~3つの金融機関に絞り、同時で審査を進めることをおすすめしています。

ネット銀行と普通の銀行の違いって何?

閉じる

一般的には、ネット銀行は普通の銀行と比べて金利を低く設定しています。しかし、普通の銀行であれば、対面の相談で親身にサポートしてくれたりする中、ネット銀行では自分ひとりで申請を進めていかなければならないところが多いなど、一長一短の面があります。また、一概にネット銀行だから金利が安いかと言うと、そういうわけでもありません。各個人のライフプランを計画していく中で、最もあった金利プランを決めてから、銀行を絞り始めるのが良いのではないでしょうか。

ネットで申し込むのって大丈夫?

閉じる

こちらは、全く問題がないと言えます。ネットの利便性を生かし、ご自身の好きなタイミングでいつでも申込や、情報収集など、様々なことができるのは、ネットならではの強みでしょう。

借り換えって効果あるの?

閉じる

全ての方がお得になるとは言い切ることはできません。ただし、事実として2018年は史上でも最低水準の金利で推移しており、借り換えを実施することで、総支払金額が下がる方も多くいらっしゃることでしょう。ただし、借り換えには手数料も発生しますのでしっかりとご自身のローン残債や、借り換え後の月々の支払いなど、計算をしたのちに借り換えをされることをおすすめします。

現在のご状況をお選びください

※ご状況により、金利や諸費用などに違いがあります

すでにご契約中の方
はじめての方向けに
最適なページに移動します
お借り換え検討中の方向けに
最適なページに移動します