住宅ローン比較窓口

フラット35とは?特徴や金利をわかりやすく解説!

ここでは、そもそもフラット35とは何なのか、フラット35の金利、メリット・デメリット、フラット35を利用出来る条件や、フラット35の金融機関を選ぶ際のポイント、おすすめの金融機関の紹介をしていきます。

フラット35とは

フラット35とは、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)と民間の金融機関が提供している全期間固定金利型の住宅ローンのことです。
フラット35の「フラット」とは、金利がフラット、つまり完済までに金利が変わらないという意味ですね。
全期間固定型の住宅ローンでは、完済までに金利が変わらないため、

  • 借入時に、完済までの返済額が確定する
  • 金利が上昇しても影響を受けない

などの特徴があります。

フラット35のメリット

金融機関の全期間固定ローンよりも低金利

基本的に、民間の金融機関の全期間固定ローンと比較して、フラット35の金利は低く設定されています。
金融機関の全期間固定ローンよりも、フラット35を利用するほうが、金利面でのメリットは大きくなります。

団信への加入が任意

銀行の住宅ローンでは、 団体信用生命保険の加入は必須です。
それに対して、フラット35(買取型)では、 団体信用生命保険への加入は任意です。
そのため、健康上の理由で、団体信用生命保険に加入できない人でもフラット35なら利用できるというメリットがあります。

勤続年数による制限がない

フラット35では、勤続年数による制限がありません。
そのため、転職して年数の経っていない場合でも借り入れが可能です。

保証料、保証人が不要

フラット35では、保証料が不要となっています。
多くの住宅ローンでは保証料が必要で、その金額は50万円~100万円ほど必要になるため、この費用が不要であることはフラット35のメリットのひとつと言えます。

フラット35のデメリット

変動金利型と比較して、月々の返済額や総返済額が高くなる

フラット35では、変動金利型と比較すると月々の返済額や、総返済額は高くなります。
変動金利型と比較すると、フラット35のほうが金利が高く設定されていることが理由です。

ただし、変動金利型は金利が上昇すると、返済負担額も変わってきます。
将来、極端に金利が上昇した場合は、変動金利型のほうが総返済額が高くなってしまう可能性もあります。

フラット35の条件を満たしていない場合は利用できない

フラット35を利用するにはいくつかの条件を満たしている必要があります。 大きなデメリットというわけではないですが、誰でも利用できる訳ではないということは認識しておきましょう。

フラット35を利用できないケース
  • 借入対象となる住宅の床面積が、「一戸建ての場合、70㎡未満」または「マンションの場合、30㎡未満」
  • 建設費又は購入価格が、100万円未満
  • 建設費又は購入価格が、8000万円を超える
  • 店舗、事務所などの業務専用建物の建設費
  • 借入期間が15年よりも短い(※1)
  • 申込時の年齢が満70歳以上の方

※1 申込本人または通常債務者が満60歳以上の場合は、10年よりも短い

フラット35を比較する際のポイント

事務取扱手数料

フラット35の事務取扱手数料は、金融機関によってバラつきがあります。
金利や、毎月の返済負担額だけで見れば大きな金額差は生まれませんが、事務取扱手数料の金額は倍近く変わる場合があります。

必ず事務取扱手数料も含めた上で金額を計算しておきましょう

金利は比較する必要なし

フラット35の金利は、民間の金融機関ではほとんどの場合同じ金利で設定されているため、金利での比較は必要ありません。

これはなぜかと言うと、フラット35の金利は住宅金融支援機構が指定する範囲内でしか金利が設定できない決まりになっていて、ほとんどの金融機関はその最低の金利を設定しているためです。

フラット35で借り入れをする金融機関を選ぶ時は、それぞれの金利を気にする必要はないでしょう。

まとめ

この記事では、フラット35についての解説をしました。

フラット35は全期間固定型の住宅ローンのため、金利上昇の影響を受けず、計画的な返済が可能です。

ただしフラット35は誰でも利用できるというわけではないので、自身の購入する住宅が条件を満たしているか等を確認した上で検討していきましょう。

また、フラット35(保証型)という商品もあり、こちらは取扱金融機関により金利や保障内容に差が出ますので商品性を確認した上でお申込みしましょう。
※フラット35(保証型)を取扱っていない金融機関もあります。

おすすめ住宅ローン PICK UP

おすすめ

住信SBIネット銀行

総合人気
ランキング
2位
満足度: 4.1
住信SBIネット銀行
適用金利 フラット35S(保証型) 0.920%

2020年07月適用金利

当初10年間引下げ

自己資金20%以上

団信加入

フラット35(保証型) 1.170%

2020年07月適用金利

自己資金20%以上

団信加入

フラット35S(保証型) 0.980%

2020年07月適用金利

当初10年間引下げ

自己資金10%以上

団信加入

フラット35(保証型) 1.230%

2020年07月適用金利

自己資金10%以上

団信加入

フラット35S(買取型) 1.050%

2020年07月適用金利

借入期間21年~35年の場合

当初10年間引下げ

自己資金10%以上

機構団信加入

フラット35(買取型) 1.300%

2020年07月適用金利

借入期間21年~35年の場合

自己資金10%以上

機構団信加入

保証料 無料 審査期間 1~2週間程度 

※時期により異なります。詳細は同社WEBサイトをご参照ください。

事務手数料 借入金額×2.20%(税込)

※フラット(買取型)の場合を除く

来店 不要
繰上げ返済
手数料
無料

※固定金利特約期間中の全額繰上返済は所定の手数料がかかります。

返済方法 元金均等返済/元利均等返済
住信SBIネット銀行のフラット35は「保証型」と「買取型」の2種類があります。金利を抑えたい、保障を充実させたい方には「保証型」が、初期費用を抑えて借入れたい方には「買取型」がオススメです。
また、すべての病気・けがを保障する全疾病保障もご準備。「保証型」は基本付帯、「買取型」は所定の事務手数料率+0.550%で付帯可能。魅力的な金利と安心の保障がつけられる住宅ローンです。

みんなの口コミ

掲載数12

  • 金利が、ネット銀行の中でも一番低い水準です。

    満足度: 5

    大手銀行と比較して、金利が圧倒的に低く、価格競争では太刀打ちできないレベルだそうです。大手は信用性やサポート面で優位は保っていますが、特に若い方はネット銀行に抵抗のない方も増えているので、いずれ劣勢になると思います。ネット銀行なので書類や手続きを自分で揃える手間がかかりますが、特に問題はありませんでした。500万円もの節約になるとわかれば、休日を返済して取り組めます。

  • とにかく手続きがやりやすいです。

    満足度: 5

    住信SBIネット銀行を選んだのはネット上でほぼ全ての手続きが完了して、実店舗に行く煩わしさが全くなかった事、そしてネット上での口コミがとても良かった事がその理由です。今まで何度か所有していた不動産のローンで他の銀行のローンを利用していましたが、住信SBIネット銀行の住宅ローンが使い勝手という意味では一番良いと思います。変動金利型を選んだのは固定金利よりも格段に安いからです。固定金利と比べて半分以下の金利のため、固定金利を選ぶよりも変動金利型のメリットをしばらくは十分に享受しようと考えました。

  • 他社と比較しても圧倒的に低金利で利用できるので申し分ないです。

    満足度: 4

    大手信託銀行の子会社にあたるネット銀行ということと、長年経営されている信頼感から利用を決めました。 また、以前勤めていた職場の知人も住信SBIネット銀行を利用して住宅ローンを借りており、評判が良いことを直接聞いていたことも決め手になりました。 金利面では、他のネット銀行と比べて低金利で利用できる点が大きかったです。 中でも変動金利制は特に低い金利で利用することができるので、迷わず選択しました。 実際に利用してみても他にない金利の低さだったので利用して正解でした。

  • 金利が安い、何度も出向かなくて済む、という点が良かったです。

    満足度: 4

    ネット銀行であり人件費が他より抑えられるからか後から金利が安めである事を知り満足しました。手続きも面倒だと感じる機会はなく、対面で相談したい場面もなかったので特に困りませんでした。満足度が★5でない理由は、自身が良く分からず変動金利にした事でした。時勢に左右されない固定金利にしておけば良かったと感じています。

  • 低金利で返済できる時にまとめて返済できるというところが魅力でした。

    満足度: 4

    住信ネット銀行の住宅ローンを利用した理由は三つあります。まずは住信ネット銀行の口座を持っていて、投資などで付き合いがあるからです。サービスがよく、お客目線の対応をしているので好印象を持っていました。低金利であることも重視しました。借りる方の立場からすればなるべく低金利の方が良いので、住信ネット銀行の住宅ローンははじめから候補に挙がっていました。決め手になったのはまとめて返済ができるというところです。

  • 繰上げ返済手数料が何度でも無料という点は特筆すべきサービスです!

    満足度: 5

    返済方法を「元利均等方式」、「元金均等方式」のいずれかをユーザーが選べると言う点はとにかく凄いですね。また、繰上げ返済が一ヶ月に何度しても手数料が無料という事も特筆すべきサービスです。繰上げ返済の利便性というものは、その住宅ローンがどれだけ優れているか知る事が出来る一つの物差しだと思います。

  • 申し込みがネット上で完結できるので、これだけでも満足度は高いと思います。

    満足度: 5

    休日でもネット上で申し込めるのでゆっくりと家族と相談をしながら手続きが出来るのは会社員にとって嬉しい限りです。ネット上では借り入れの種類によって必要な書類などがわかりやすくまとめられています。他の銀行ですと借り入れの種類を全てまとめて案内をしている事が多く、自分の場合はどの書類を用意したら良いのだろうと迷ってしまうことがあります。その点から住信SBIネット銀行は借入時の案内がとても分かりやすくて好感が持てます。

  • 返済プランは少し長めに期間をとり、住宅ローン控除を最大限に生かせるようにしました。

    満足度: 5

    控除期間が終わった段階で繰り上げ返済をしていければと考えています。手続きはスピーディーであっとういう間に完了しました。分譲は提携の金融機関がありますが、念のため他社の情報も調べた方が良いです。交渉材料にもなります。フラット35と悩みましたが、団信が欲しかったこと、疾病保証がついてくるので20年固定にしました。

  • 金利の安さで選びました。

    満足度: 4

    不動産業者の紹介で0.6%くらいで借りれそうだったのですが、ネット検索したところ、さらに安いローンを見つけて飛びつきました。さらに団信や疾病に対する保障も無料でついているのはよかったです。審査は厳しいようですが。保障料が要らないのはメリットかな?

  • 低金利で借りられることと疾病保障が手厚いことには満足しています。

    満足度: 4

    フリーランスという職業柄様々な客先に出向かなくてはいけないので、ネット銀行のようにネット一つで手続きから借り入れができるサービスがとても便利でした。やや審査に時間がかかったのは不満ですが、厳しい審査基準を設けているものだと思えば何らストレスにはならなかったです。特に住信SBIネット銀行の変動金利制は格安の金利で利用することができるので満足感は大きいです。基準はやや厳しめですが、疾病保障もオプションで付いてくるのはありがたかったです。

  • 変動金利の低さは他の銀行と比べてもトップクラスではないでしょうか。

    満足度: 5

    実店舗に行かなくても良いというのはサービス度が高いです。忙しいサラリーマンですとなかなか平日に店舗に行く時間などあまりないものです。住宅ローンは金利の安さが一番で、その点だけでも住信SBIネット銀行は合格なのですが、その他の付随サービスなどトータル面でも充実していると思います。私は男性ですので対象外ですが、女性にはガン診断給付金もサービスで付帯されるというのは良い事だと思います。

  • 他行よりも金利が安く、満足しています。

    満足度: 4

    当時、SBI銀行をメインバンクとして使っており、優遇を受けれるのではないかと考えてこの金融機関を選びました。他社比較をして決めたわけではなく、SBI銀行前提で借りれなかったり、よほど金利が高かったら他を検討しようと言う考えでした。金利が特別高い事もなく、ローン審査も通った為、SBI銀行にそのままお願いしました。金利タイプについては当時、こういった事にあまり詳しくなかった為、周りの方で住宅ローンを組んでいる方にどちらの金利タイプかを聞いて、自身も同じにしたと言う感じです。

公式サイトはこちら
人気住宅ローンの
返済額をまとめて比較
おトクな 新規借り入れ・お借り換え
一括 シミュレーション開始
おすすめ住宅ローン

auじぶん銀行

満足度
4.4
auじぶん銀行
最低金利
0.380%

2020年07月適用金利

変動金利

全期間引下げプラン

じぶんでんきをセットでご契約の場合

総合人気ランキング

1位

auじぶん銀行

満足度
4.4
auじぶん銀行
最低金利
0.380%

2020年07月適用金利

変動金利

全期間引下げプラン

じぶんでんきをセットでご契約の場合

2位

住信SBIネット銀行

満足度
4.1
住信SBIネット銀行
最低金利
0.410%

2020年07月適用金利

変動金利

3位

りそな銀行

満足度
3.9
りそな銀行
最低金利
0.470%

2020年07月適用金利

変動金利

融資手数料型(別途融資手数料有り)

総合人気ランキングを全て見る

住宅ローンのことがよくわかりません。

閉じる

住宅ローンとは住居の購入資金を借入し、月々分割や繰り上げ返済などにより、長期的に返済していくものです。同じ金融商品でも、金融機関によって金利が違い、総支払金額に大きな差が出ることも珍しくありません。しっかりとご自身のライフプランに合わせた金融機関の商品を見つけ、あなたにあった無理のないライフプランを過ごせるよう、当サイトがお手伝いできますと幸いです。

審査っていくつも申し込むと不利になるの?

閉じる

必ず不利になるというわけではありませんが、多くの金融機関に一度に申し込むのは、労力も要する為、あまりおすすめはしていません。しかし、審査が通るかわからない金融機関をひとつずつ申請していれば、膨大な時間を必要とします。そこで、2~3つの金融機関に絞り、同時で審査を進めることをおすすめしています。

ネット銀行と普通の銀行の違いって何?

閉じる

一般的には、ネット銀行は普通の銀行と比べて金利を低く設定しています。しかし、普通の銀行であれば、対面の相談で親身にサポートしてくれたりする中、ネット銀行では自分ひとりで申請を進めていかなければならないところが多いなど、一長一短の面があります。また、一概にネット銀行だから金利が安いかと言うと、そういうわけでもありません。各個人のライフプランを計画していく中で、最もあった金利プランを決めてから、銀行を絞り始めるのが良いのではないでしょうか。

ネットで申し込むのって大丈夫?

閉じる

こちらは、全く問題がないと言えます。ネットの利便性を生かし、ご自身の好きなタイミングでいつでも申込や、情報収集など、様々なことができるのは、ネットならではの強みでしょう。

借り換えって効果あるの?

閉じる

全ての方がお得になるとは言い切ることはできません。ただし、事実として2018年は史上でも最低水準の金利で推移しており、借り換えを実施することで、総支払金額が下がる方も多くいらっしゃることでしょう。ただし、借り換えには手数料も発生しますのでしっかりとご自身のローン残債や、借り換え後の月々の支払いなど、計算をしたのちに借り換えをされることをおすすめします。

現在のご状況をお選びください

※ご状況により、金利や諸費用などに違いがあります

すでにご契約中の方
はじめての方向けに
最適なページに移動します
お借り換え検討中の方向けに
最適なページに移動します