住宅ローン比較窓口

様々な相場を知って、安心して住宅ローンを利用しよう

これから住宅を購入または建築し、住宅ローンを利用することを考えている人にとって、他の人がどのような住宅ローンを選んでいるか気になるのではないでしょうか。

どの住宅ローンが適しているかは、収入や支出の状況、将来の計画、考え方によって異なります。そのため、最終的には資金計画を立てて住宅ローンを選んでいただきたいのですが、住宅や住宅ローンに関する様々な「相場」も参考になると思います。

そこで今回は、一般公開されている調査結果から参考になるデータをピックアップして紹介していきます。

相場を知ろう!住宅ローンはどのような人が利用しているか?

住宅ローンに関する調査は、国土交通省や住宅金融支援機構などが行っています。

調査の方法はもちろん、調査年度や調査対象者によって誤差が出ますので、ここでは住宅金融支援機構「民間住宅ローン利用者の実態調査」の調査結果を中心に紹介していきます。

みんなは何歳で借りている?年齢の相場

調査対象となった2017年4月から2017年9月までに借り入れた、全国20歳以上60歳未満の1,495人の年齢内訳は次の通りです。

▼ 住宅ローンの年齢別利用者数

利用者数
20歳代 140(10)
30歳代 790(50)
40歳代 451(25)
50歳代 114(4)
住宅ローンの年齢別利用者数

※( )は利用者全体のうちフラット35の利用者数
※出典:住宅金融支援機構「民間住宅ローン利用者の実態調査」(24ページ参照)

住宅ローン利用者の年齢を見ると、30歳代が最も多く、30歳代から40歳代が全体の83%を占めています。完済時年齢を考えるとこの年齢層になるでしょう。

みんなの年収はどのくらい?世帯年収の相場

調査対象となった2017年4月から2017年9月までに借り入れた、全国20歳以上60歳未満の1,495人の世帯年収は次の通りです。

▼ 住宅ローンの世帯年収別利用者数

利用者数
400万円以下 118(10)
400万円超~600万円以下 448(37)
600万円超~800万円以下 405(17)
800万円超~1,000万円以下 261(14)
1,000万円超~1,500万円以下 200(9)
1,500万円超 63(2)
住宅ローンの世帯年収別利用者数

※( )は利用者全体のうちフラット35の利用者数
※出典:住宅金融支援機構「民間住宅ローン利用者の実態調査」(24ページ参照)

世帯年収ですので、共働き世帯の場合は合算された収入となります。400万円超~600万円以下の利用者数が最も多く、400万円超~800万円以下の利用者数は全体の57.1%を占めます。

みんなの返済負担率は何%?返済負担率の相場

調査対象となった2017年4月から2017年9月までに借り入れた、全国20歳以上60歳未満の1,495人の返済負担率は次の通りです。

▼ 住宅ローンの返済負担率別利用者数

利用者数
10%以下 308(19)
10%超~15%以下 409(25)
15%超~20%以下 375(20)
20%超~25%以下 219(9)
25%超~30%以下 93(6)
30%超~35%以下 58(7)
35%超~40%以下 14(1)
40%超 19(2)
住宅ローンの返済負担率別利用者数

※( )は利用者全体のうちフラット35の利用者数
※出典:住宅金融支援機構「民間住宅ローン利用者の実態調査」(24ページ参照)

返済負担率は、年収に占める借入金額の割合です。たとえば年収600万円で年間180万円の返済額だとすると返済負担率は30%になります。表を見ると、10%超~15%以下が最も多く、15%超から20%以下も同数程度いらっしゃいます。

仮に年収400万円で返済負担率を15%とすると、年間60万円(月5万円の返済額)となり、現実的ではありません

この調査対象の30%ほどは年収800万円超ですので、仮に年収800万円で計算すると、年間150万円(月12万円の返済額)となりますので納得できる数値となります。

同じく全体の30%ほどを占める400万円超600万円以下の場合は考えてみますと、年収600万円で返済負担率25%とすると年間150万円(月12万円の返済額)となります。年収が高いほど自然に返済負担率が小さくなっている可能性があります。

みんなの物件価格に対する借入金額は何%?融資率の相場

調査対象となった2017年4月から2017年9月までに借り入れた、全国20歳以上60歳未満の1,495人の融資率は次の通りです。

住宅ローン 融資率

※出典:住宅金融支援機構「民間住宅ローン利用者の実態調査」(8ページ参照)

融資率は、物件価格に対する借入金額の割合のことで、たとえば3,000万円の物件に対して3,000万円の借り入れをすると融資率は100%になります。融資率が低いと金利の優遇がある金融機関もあります。

グラフを見ると、90%超100%以下が6割ほど占めています。ただ融資率90%以下も3割ほどいるようですので、自己資金(頭金)を準備して返済額を軽減させている層もいることが分かります。

融資率は低いことに越したことはありませんが、年齢や引越しタイミングなど総合的に検討することになるでしょう。

年収によって選択する金利タイプは違うの?世帯年収別金利タイプの相場

調査対象となった2017年4月から2017年9月までに借り入れた、全国20歳以上60歳未満の1,495人の世帯年収別金利タイプの割合は次の通りです。

住宅ローン 世帯年収別金利割合

※出典:住宅金融支援機構「民間住宅ローン利用者の実態調査」(7ページ参照)

年収600万円以下の全期間固定型に注目すると、46%ほどを占めています、一方、年収1,000万円以上を見ると、37%が変動型を選択しています。年収が高いほど変動型、年収が低いほど全期間固定型を選択していると思われます。

なぜ年収1,000万円以上の人が変動型を選んだかをグラフから読み取ることはできませんが、資金に余裕があれば金利上昇を感じたときに一括返済してリスクを回避することはできます。

みんなはどの金利タイプを選んでる?金利タイプの相場

調査対象となった2017年4月から2017年9月までに借り入れた、全国20歳以上60歳未満の1,495人の金利タイプの割合は次の通りです。

住宅ローン 金利タイプの割合

※出典:住宅金融支援機構「民間住宅ローン利用者の実態調査」(3ページ参照)

固定期間選択型と全期間固定型を合わせて変動型と比べると、年度によって固定型の割合が多いですが、どれかに偏っているわけではありません

一定期間だけでも金利が一定の固定型を選択したいという考えの現れでしょう。なお、固定期間選択型は、「固定金利特約付変動金利型」ですので、固定期間選択型を含めて変動型と考えると半数以上が変動型を選択していることになります。

ここでは変動型か固定型という二択ではなく、借り入れ当初に変動型、固定期間選択型、全期間固定型のどれを選んでいるかを確認すればいいでしょう。

相場を知ろう!住宅ローンの金利と諸費用

住宅ローンを選択する際にまず比較するのは金利と諸費用でしょう。保証料の支払い方や団信の種類によっては金利の上乗せがありますので、これらも影響します。

ただこれから住宅ローンを利用しようとしている人はまず、金利や諸費用の相場を知っておくことが肝心だと思います。

住宅ローンの金利の相場は?

住宅ローンの金利には、優遇金利があり、基準金利から割引された金利を適用するのが一般的です。審査により割引率を変える金融機関もあります。金利は単純に比較しにくく、次のような条件で同じ金融機関でも適用される金利が異なります

  • 引き下げ幅
  • 引き下げ幅の適用期間(当初型・全期間型)
  • 団信加入による金利の上乗せ
  • 保証料の有無や支払い方法(一括型・金利上乗せ型)

ここでは、全期間型、金利の上乗せ無しの金利を記載しています。金融機関や金利タイプによって金利に違いがあることを確認してください。

分類 金融機関 変動金利 固定10年 固定20年
都市銀行 みずほ銀行 - - -
三菱UFJ銀行 0.475%

2021年12月適用金利

- -
三井住友銀行 0.475%

2021年12月適用金利

1.400%

2021年12月適用金利

-
りそな銀行 0.430%

2021年12月適用金利

Web申込限定プラン(別途融資手数料有り)

お申込期間2021年11月8日~2022年3月4日

3月25日までのお借入れに限ります

りそなグループアプリのセットアップが条件

金利は毎月見直します

1.255%

2021年12月適用金利

Web申込限定プラン(別途融資手数料有り)

2.205%

2021年12月適用金利

Web申込限定プラン(別途融資手数料有り)

信託銀行 三菱UFJ信託銀行 - - -
三井住友信託銀行 - - -
ネット銀行等 イオン銀行
※固定10年は当初固定金利
- - -
auじぶん銀行 0.289%

2021年12月適用金利

2021年12月現在の金利にau金利優遇割および借換え金利引下げキャンペーンの金利引下幅を適用した金利であり、実際のお借入日の金利により変動します。

全期間引下げプラン

審査の結果によっては、本金利プランおよび本キャンペーンをご利用いただけない場合がございます。

1.490%

2021年12月適用金利

全期間引下げプラン

au金利優遇割の場合

審査結果によっては異なる金利となることがあります。

1.720%

2021年12月適用金利

全期間引下げプラン

au金利優遇割の場合

審査結果によっては異なる金利となることがあります。

ソニー銀行 - - -
住信SBIネット銀行 0.398%

2021年12月適用金利

借り換え金利

1.030%

2021年12月適用金利

2.450%

2021年12月適用金利

楽天銀行 0.527%

2021年12月適用金利

0.897%

2021年12月適用金利

-
住宅ローンの諸費用の相場は?

住宅ローンの諸費用は、抵当権設定費用や保証会社事務手数料、印紙税など様々ありますが、借入金額など融資条件によって異なります
ここでは、借入金額2,000万円、返済期間20年、変動金利として、それぞれの金融機関のシミュレーションツールで算出した結果を掲載します。

なお、保証料(又は融資手数料)が諸費用の大部分を占めます。

分類 金融機関 諸費用
都市銀行 みずほ銀行 415,410円
三菱UFJ銀行 529,080円
三井住友銀行 476,680円
りそな銀行 -
信託銀行 三菱UFJ信託銀行 -
三井住友信託銀行 532,200円
ネット銀行等 イオン銀行 640,000円
auじぶん銀行 620,000円
ソニー銀行 452,000円
住信SBIネット銀行 640,000円
楽天銀行 524,000円

今回の前提条件では上記のような金額になりましたが、保証料は審査の結果によって変動する金融機関もありますので、諸費用がいくらになるかは実際に相談してみなければ分かりません。ただ諸費用も金融機関によって差が出ることが分かります。

まとめ

今回は、様々な調査結果を見ていただきましたが、参考になりましたでしょうか。調査結果どおりにしなければいけないことはなく、しっかりと家計を見直し、将来の資金計画を立てた上で住宅ローンを選択することが大切です。

相場を知ったうえで、自分にあった住宅ローンはこちらでかんたんに探すこともできますので、よければ参考にしてください。
あなたにぴったりな住宅ローンが見つかる!金利比較とかんたんシミュレーション

今回のグラフやデータを通して、なんとなくでも住宅ローンについて理解していただければ幸いです。

おすすめ住宅ローン PICK UP

おすすめ

auじぶん銀行

総合人気
ランキング
1位
満足度: 4.6
auじぶん銀行
適用金利 変動 0.289%

2021年12月適用金利

2021年12月現在の金利にau金利優遇割および借換え金利引下げキャンペーンの金利引下幅を適用した金利であり、実際のお借入日の金利により変動します。

全期間引下げプラン

審査の結果によっては、本金利プランおよび本キャンペーンをご利用いただけない場合がございます。

当初2年固定 0.380%

2021年12月適用金利

当初期間引下げプラン

au金利優遇割の場合

審査結果によっては異なる金利となることがあります。

当初10年固定 0.475%

2021年12月適用金利

当初期間引下げプラン

au金利優遇割の場合

審査結果によっては異なる金利となることがあります。

当初20年固定 0.875%

2021年12月適用金利

当初期間引下げプラン

au金利優遇割の場合

審査結果によっては異なる金利となることがあります。

35年全期間固定 1.240%

2021年12月適用金利

当初期間引下げプラン

au金利優遇割の場合

審査結果によっては異なる金利となることがあります。

保証料 無料

※審査の結果、保証会社をご利用いただく場合は、保証料相当額を上乗せした金利が設定されますが、別途お支払いいただく保証料はございません。

保障
  • 団信保険料無料
  • がん50%保障団信
  • がん100%保障団信
  • 11疾病保障団信
事務手数料 借入金額×2.20%(税込) 審査期間 -
繰上げ返済
手数料
一部無料あり

※固定金利特約期間中の全額繰上返済は33,000円(税込)

来店 不要
団体保険料 無料 返済方法 元金均等返済/元利均等返済
低金利なのに金利の上乗せ無しで手厚い保障が受けられる、人気の住宅ローン!がん診断されるだけで住宅ローン残高が50%になるがん団信と、全ての病気やケガ(※)で180日以上入院すると借入残高が0円になる全疾病団信が両方無料付帯されるネット銀行はここだけ!他にも一部繰上返済手数料・収入印紙代が無料など、お得がたくさん。三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資なので安心感もあります。※精神障害を除く

みんなの口コミ

掲載数12

常に低金利なのでかなりおすすめです。

満足度: 5

10年間で返済する予定を立てて、じぶん銀行の住宅ローンを組みました。じぶん銀行の住宅ローンは審査結果で金利が上がったり下がったりしないので準備しやすいです。頭金が少なくても金利が上がることはないので、頭金をたくさん用意できない人にはおすすめの金融機関だと思います。

転職して2年余りでしたが、審査に通りました。

満足度: 4

また自分の収入が少なくて本来は借り入れが認められないところでしたが、配偶者との収入と合算できたのも大きな要因でした。変動金利を選んだ理由は、固定金利の最低金利の3年型と比較してもかなり低く、当分上昇する可能性は低いと思われたからです。この低金利のうちになるべく早めに返済してしまいたいと考えました。

金利の低さならじぶん銀行一択だが、保障内容が少し薄いと感じる。

満足度: 4

金利は他の地方銀行やネット銀行と比較しても圧倒的に低く、固定・変動金利ともに最低基準だと思います。単純に金利の低さだけで選ぶならじぶん銀行一択でした。しかし、保障内容が私の周りの地銀と比較すると、薄く感じています。 金利をアップさせて保障内容もアップさせればいいのですが、金利アップをさせてしまうと、地銀の最安金利とほとんど変わらなくなってしまうので、非常に悩みました。

一番条件の良い住宅ローンでした。

満足度: 5

他社と色々と比較をしましたが、固定金利の当初期間引下げプラン(10年固定)では一番条件が良かったと思います。10年間で完済する予定なので、この金利のまま返済できそうです。保険もしっかりしているので、私が病気で仕事が出来なくなっても家族が困り果てることはないです。申し込みから契約まで全てネットで行うことが出来たので、余計な時間を使わないで済みました。

出来るだけ金利が安い銀行がよかったので、選びました。

満足度: 4

若かったため、出来るだけ金利が安い銀行がよかったので、選びました。ネットだったため、手続きもやりやすく、夫が平日仕事を休めなかったため、ネットで完結できるタイプの銀行がよかったからです。また、全期間固定でも安かったので、当時は何も分からず、固定金利にしました。ただ、まだ出来て新しい銀行だったため、しっかりとしている銀行なのか少し不安だったのを覚えています。ただ、実際に利用していてトラブルが起きたりはしていません。

ネットのみで手続きでき、2週間で完結しました。

満足度: 5

手続きが簡単にできるというのが助かりました。また手続きで不明な点があればコールセンターに質問すればいつでも教えてくれました。申し込みから契約が完了するまで、全てネット上で手続きできるので非常に楽ですし、迅速にできます。2週間で完結しました。

銀行に出向く事なく、保険が充実しているのはお勧めできる点です。

満足度: 5

やはりネットで済むというのは実際に行ってみて楽でした。平日に金融機関に出向く必要がないのは大きなメリットです。書類関係も写真を撮りネットで送ることができます。また保険も、がん50%団信が無料で付けられるなど非常に充実しているので、返済の不安がかなり軽減されました。がんの不安があったので非常に精神的に楽になりました。更に一般の生命保険の補償内容を減らすことにより、保険料が安くなるというメリットも生まれました。

ガン保障が無料で付けられる

満足度: 4

とにかく金利が低いことが一番のメリットです。事務手数料は高めですが、それを差し引いても大変お得です。また、無料で付けられるガン保障も他の銀行と比較してもかなり手厚く、オプションで付けられる保障も非常に充実しています。基本的にインターネットで手続きが行えるため、ローン契約のために仕事を休む必要がない点は大変有り難く感じました。

他行と比較しても低金利の部類に入ります。

満足度: 5

金利が上がる気配もなく、低金利の恩恵を受け続けることができています。

ネット銀行における住宅ローンの評判が良いものが多く、信頼できました。

満足度: 4

ネット銀行における住宅ローンの評判が良いものが多く、信頼できました。また、都内のauショップにて、無料の住宅ローン相談会があったことで、住宅価格に関することや相場の仕組み等、基本的なことも気軽に聴けて良かったです。

固定金利の当初期間引下げプランは今がお得だと思います。

満足度: 4

金利はかなり低くなっているので、10年固定は特におすすめです。長期の固定は割安感がないので、あまりおすすめできないです。

0.4%台後半の金利は、大手の母体を持った金融機関同士で比較しても安いです。

満足度: 4

金利が安く、母体の安全さと健全さが魅力の住宅ローンだと思っています。

公式サイトはこちら
人気住宅ローンの
返済額をまとめて比較
おトクな 新規借り入れ・お借り換え
一括 シミュレーション開始
おすすめ住宅ローン

auじぶん銀行

満足度
4.6
auじぶん銀行
最低金利
0.289%

2021年12月適用金利

変動金利

2021年12月現在の金利にau金利優遇割および借換え金利引下げキャンペーンの金利引下幅を適用した金利であり、実際のお借入日の金利により変動します。

全期間引下げプラン

審査の結果によっては、本金利プランおよび本キャンペーンをご利用いただけない場合がございます。

総合人気ランキング

1位

auじぶん銀行

満足度
4.6
auじぶん銀行
最低金利
0.289%

2021年12月適用金利

変動金利

2021年12月現在の金利にau金利優遇割および借換え金利引下げキャンペーンの金利引下幅を適用した金利であり、実際のお借入日の金利により変動します。

全期間引下げプラン

審査の結果によっては、本金利プランおよび本キャンペーンをご利用いただけない場合がございます。

2位

住信SBIネット銀行

満足度
4.2
住信SBIネット銀行
最低金利
0.398%

2021年12月適用金利

変動金利

借り換え金利

3位

三菱UFJ銀行

満足度
4
三菱UFJ銀行
最低金利
0.390%

2021年12月適用金利

当初3年固定

総合人気ランキングを全て見る

住宅ローンのことがよくわかりません。

閉じる

住宅ローンとは住居の購入資金を借入し、月々分割や繰り上げ返済などにより、長期的に返済していくものです。同じ金融商品でも、金融機関によって金利が違い、総支払金額に大きな差が出ることも珍しくありません。しっかりとご自身のライフプランに合わせた金融機関の商品を見つけ、あなたにあった無理のないライフプランを過ごせるよう、当サイトがお手伝いできますと幸いです。

審査っていくつも申し込むと不利になるの?

閉じる

必ず不利になるというわけではありませんが、多くの金融機関に一度に申し込むのは、労力も要する為、あまりおすすめはしていません。しかし、審査が通るかわからない金融機関をひとつずつ申請していれば、膨大な時間を必要とします。そこで、2~3つの金融機関に絞り、同時で審査を進めることをおすすめしています。

ネット銀行と普通の銀行の違いって何?

閉じる

一般的には、ネット銀行は普通の銀行と比べて金利を低く設定しています。しかし、普通の銀行であれば、対面の相談で親身にサポートしてくれたりする中、ネット銀行では自分ひとりで申請を進めていかなければならないところが多いなど、一長一短の面があります。また、一概にネット銀行だから金利が安いかと言うと、そういうわけでもありません。各個人のライフプランを計画していく中で、最もあった金利プランを決めてから、銀行を絞り始めるのが良いのではないでしょうか。

ネットで申し込むのって大丈夫?

閉じる

こちらは、全く問題がないと言えます。ネットの利便性を生かし、ご自身の好きなタイミングでいつでも申込や、情報収集など、様々なことができるのは、ネットならではの強みでしょう。

借り換えって効果あるの?

閉じる

全ての方がお得になるとは言い切ることはできません。ただし、事実として2018年は史上でも最低水準の金利で推移しており、借り換えを実施することで、総支払金額が下がる方も多くいらっしゃることでしょう。ただし、借り換えには手数料も発生しますのでしっかりとご自身のローン残債や、借り換え後の月々の支払いなど、計算をしたのちに借り換えをされることをおすすめします。